弊社モニターの大原氏が湯川にてALF NATIVE TUNE4gを使用した際の様子です。

以下より大原氏のレポートになります。

 

 

・・・

 

2017.8.31 奥日光湯川のブルックトラウト

関東に上陸した台風も過ぎ去り、前日も雨が降ったので湯川の水量も期待できる

yunoko

ここ何回かの湯川は渇水の中での釣行

増水がブルックトラウトの活性を上げてくれるだろう

そして4.0gのALFRED NATIVE TUNEの活躍に期待

湯滝駐車場から遊歩道に出ると川が見える

(水量は十分、流れも速い)

(いつもより重めのスプーンの出番が多くなりそうだ)

 

川に降りると少し濁りが入っている、深さもあるのでボトムまで見えない

濁りが落ち着くまではボトムの釣りがメインになるので、NATIVE TUNE4.0gをセットした

中流域は茶色の砂が多く所々にウィードがある

 

カラーはN1蛍光赤金にした

(茶系のボトムには金系カラーを選んでいる)

クロスキャストで対岸のボサに落としU字にトレース、ボトムの砂にに当たっている感触がスプーン・ロッドから伝わってくる

1本目は足元でピックアップ寸前でのバイトから

 

yunoko

 

時折、濁りの中でも蛍光赤金カラーが輝いているのが分かる

 

yunoko

 

倒木の下からもブルックトラウトが元気よく追いかけてくる

 

yunoko

yunoko

 

今回は砂が多い湯川中流域で使用した為、赤金カラーだけキャストしたが、小滝上の岩盤エリア(昼間でも薄暗いエリア)ではシルバー系や黒系カラーで問題なく使えると思う。